『人狼‐ヴェアヴォルフ‐』2


「あら、アルトゥール様」

「頼まれたもの、持って来ましたよ」

 そう言ってアルトゥールが掲げて見せたのは、五匹の魚だった。

「まぁ、ありがとうございます、アルトゥール様!」

「アル」

 ダニエラに魚を渡したアルトゥールはヴォルフに呼ばれ顔を上げ、首をかしげた。
 自分を見てくる瞳は、人狼にはありえない青。
 まるで、空のような青に思わず目を細めた。
 この瞳のせいで、酷い扱いを受けているのだと、ダニエラからは何度も聞いていた。
 集落にいる限り、冷たい目で見られる。
 名前を呼んでから口を開かないヴォルフにアルトゥールは眉根を寄せた。

「何です?お酒は調達してきませんよ?」

「ちげーよ」

 ふと、ヴォルフは目を細める。

「この集落にいるのも、面倒になってきたな……」

「どこかへご旅行へ?」

 首をかしげるアルトゥールにヴォルフは笑う。

「そう、だな。少し、森を出るか……そろそろ冬。人間共も森の中には入らないだろう」

「荷造りを頼んだ」

「御意に」

 一礼したヘルマンは窓から外へと出て行く。

「出て、行かれるんですか?」

 表情を曇らせたアルトゥールにヴォルフは口角を上げた。

「どうする?」

「え……」

 目を瞬かせるアルにヴォルフは酷薄な笑みを浮かべる。

『お前は、どうしたい?』

『一人で生きられるくらい、強い人狼になりたいです』

 幼い子供が、目に涙を浮かべながら言ってきたのを思い出す。
 アルトゥールと出会ってから、時が経つのは早く。子供だった彼も、すっかり青年へと成長を遂げている。

「このまま、この集落の中で死んでいくのも、良いかもしれないな。だが、外を知ろうとするのも、良いかもしれない」

 この森の人狼は、外を知ろうとしない。確かに、この森は魔力を生み出す働きが活発なため、居心地が良いことは分かる。
 けれど、何も知らず、順応せず、ただ安心と安全の中に酔って死んでいくのは無様だ。
 だから、人狼という種族は死に絶えていくのかもしれない。知能無き、ただの獣へと堕ちていくのかもしれない。

「………付いていっても、良いんですか?」

「お前の好きにしろ。俺の迷惑にならないなら、別にかまわない」

 そう言ったヴォルフにアルトゥールは表情を明るくする。

「連れて行ってください!」

 その言葉にヴォルフは細く笑んだ。
 まるで、家族のように慕うその青年の事をヴォルフは嫌いじゃない。今まで、群れで暮らした事の無いヴォルフにとって、家族というものはむず痒い感じがする。

(だが、嫌いじゃない………)

 これから、死ぬまでの長い年月をただ年老いるだけでなく過ごす事が出来ると思うと、長命に生まれたことも悪くは無いと思う。

(刺激がないのは、生きていてつまらない)

 ぼんやりとそんな事を考えながら、ヴォルフは窓の外に目を向けた。

 いつか、もっと自分を楽しませるような出来事があればいい。
 それがなければ、生きていられないと渇望するようなモノと出会いたい。
 家族のような、存在じゃない。
 もっと、己の心を焦がすような、そんな存在と出会いたい。
 そう、望まずにはいられなかった。

New Entries

Comment

Categories

Archives(23)

Search